下眼瞼下制術 切開法(たれ目術・グラマラスライン形成)
下眼瞼下制術 切開法
(たれ目術・グラマラスライン形成)
つり目を優しいパッチリした印象の目元に

下眼瞼下制術 切開法(たれ目術・グラマラスライン形成)とは

下眼瞼下制術 切開法(たれ目術・グラマラスライン形成) 症例写真 施術前 下眼瞼下制術 切開法(たれ目術・グラマラスライン形成) 症例写真 施術後

細くつり上がった目を、ぱっちりとしたたれ目にする施術です。
下まぶたの目尻側のラインが少し下がると、優しい目元の印象になります。

下眼瞼下制術 切開法(たれ目術・グラマラスライン形成) 施術イメージ

施術は、瞼板とCPF(筋膜)を縫い縮めて固定することで、下まぶたを引き下げます。
術式は、皮膚の表側から行う「皮膚切開法」と裏側から行う「結膜側切開法」があります。逆まつげ治療を同時に受けていただくことも可能です。

下眼瞼下制術 切開法(たれ目術・グラマラスライン形成) 施術イメージ

優しいたれ目の印象にしたい方、つり目が気になる方、目を大きくみせたい方にオススメの施術です。

こんな方におすすめ
  • 目を大きくみせたい方
  • たれ目の印象にしたい方
  • 下まぶたの外側が斜めにつり上がっている方
施術時間 約1時間
麻酔 局所麻酔
静脈麻酔セット
点眼麻酔
傷跡 皮膚切除がない場合、傷跡は残らない
通院 7日後に1回 ※必要な方のみ

皮膚切開法と結膜側切開法

当院の下眼瞼下制術 切開法は「皮膚切開法」「結膜側切開法」の2つの術式があります。
診察時に患者様のご希望を伺いながら、下まぶたの状態を確認し術式を決定します。

皮膚切開法

下まぶたの表側を切開して行う方法です。傷跡が目立ちにくいよう、下まつげの1mmほど下を切開して、余分な皮膚を切除することができます。

皮膚切開法 Step.1

切開ラインをデザインする

皮膚切開法 Step.2

瞼板とCPFを吸収糸で縫い縮めて、まぶたを引き下げる

皮膚切開法 Step.3

カーブのラインを調整して縫合・固定する

皮膚切開法 Step.4

下瞼の余分な皮膚を切除して縫合する

逆まつげでお悩みの方は、逆まつげ治療を同時に受けていただくことで、逆まつ毛も改善します。

皮膚切開法

結膜側切開法

眼瞼結膜(あかんべーをした時の赤目の部分)を切開して行う方法です。下まぶたの内側を縫合するため、傷口がわからないのが特徴です。

結膜側切開法 Step.1

切開ラインをデザインする

結膜側切開法 Step.2

瞼板とCPFを吸収糸で縫い縮めて、まぶたを引き下げる

結膜側切開法 Step.3

カーブのラインを調整して縫合・固定する

結膜側切開法 Step.4

下まぶたの余分な皮膚を切除して縫合する

おすすめの併用施術

施術名 効果
目尻切開
目尻切開イメージ
併用施術
目尻を外側に向かって切開し、皮膚と結膜を縫合し目の幅を広げることで大きな目元を作り出す施術です。
目尻切開と併用することで、下まぶたと目尻側の白目の部分が広くなり、より目が大きく見えるようになります。
眼瞼下垂(挙筋腱膜前転法)
眼瞼下垂(挙筋腱膜前転法)イメージ
併用施術
上まぶたの二重のライン上を切開し、眼瞼挙筋(まぶたを開く筋肉)を短縮する事で、目の開きを大きくみせる施術です。
まぶたが開きやすくなり、黒目がよりはっきりと見えるため、目力をアップさせることができます。また、まぶたのたるみも同時に改善できます。
涙袋形成
涙袋形成イメージ
併用施術
涙袋(下まぶたの膨らみ)にヒアルロン酸を注入することで、涙袋にボリュームを出す施術です。
涙袋はホルモンタンクとも呼ばれ、ぷっくりとした涙袋は魅力的な目元を演出します。

下眼瞼下制術 切開法の症例写真

Before

下眼瞼下制術 結膜側切開法(たれ目術・グラマラスライン形成)の症例写真 Before

After

下眼瞼下制術 結膜側切開法(たれ目術・グラマラスライン形成)の症例写真 After

下眼瞼下制術 結膜側切開法(たれ目術・グラマラスライン形成) 30代女性

目が小さいことがコンプレックスで、10年前に目頭切開と目尻切開を受けられたそうですが、当時の手術ではあまり変わらなかったようです。
今回は、少しでもタレ目にして、優しい目元にされたいとのことでした。
下まぶたの外側が少し下がることで、優しい印象の目元になりました。術後1週間目で腫れも引き、自然な感じに仕上がりました。

施術概要 下まぶたの外側のラインを下げて、つり目の印象を和らげたりぱっちりとしたたれ目にする施術です。
施術の副作用(リスク) 腫れ(腫脹)、皮下出血、感染、痛み、眼症状など
施術の金額 275,000円
担当ドクター:院長 山本厚志

Before

下眼瞼下制術 皮膚切開法(たれ目術・グラマラスライン形成)+目尻切開の症例写真 Before

After

下眼瞼下制術 皮膚切開法(たれ目術・グラマラスライン形成)+目尻切開の症例写真 After

目尻切開+下眼瞼下制術 皮膚切開法(たれ目術・グラマラスライン形成) 20代女性

たれ目にして、目を大きく見せたいというリクエストでした。
目尻切開と下眼瞼下制術 皮膚切開法とで、目を外側と斜め下方向に広げて優しい印象の目元を目指すことになりました。

術前と術後を比べると目の印象が変わっています。
「目尻切開」により目が外側に広がり、目の開きも改善しています。
「下眼瞼下制術 切開法(たれ目術・グラマラスライン形成)」により目が斜め下方向に広がりました。
また、後戻りはほとんど無いのではないかと思います。

当院で行っている「目尻切開」や「下眼瞼下制術 切開法(たれ目術・グラマラスライン形成)」では、下まつ毛の損傷がない様に気を付けて手術を行っておりますので、術後に下眼瞼に赤い眼瞼結膜が見えるようにはなりません。
「下眼瞼下制術 切開法(たれ目術・グラマラスライン形成)」と「目尻切開」は同時に受けられる方が多いです。

施術概要 目尻を外側に向かって切開して大きな目元を作り出す施術と、下まぶたの外側のラインを下げて、つり目の印象を和らげたりぱっちりとしたたれ目にする施術の複合治療です。
施術の副作用(リスク) 腫れ(腫脹)、皮下出血、痛み、感染、眼症状(目の違和感、涙の増加など)、傷跡、しこり
施術の金額 473,000円
担当ドクター:院長 山本厚志

下眼瞼下制術 切開法の施術概要

施術時間 約1時間
麻酔 局所麻酔
静脈麻酔セット
点眼麻酔
傷跡 皮膚切除がない場合、傷跡は残らない
皮膚切除を行う場合、手術後1~3ヶ月で目立たなくなる
腫れ 数日~1週間
通院 抜糸がある場合、7日後に1回
お薬 痛み止め/止血剤/抗生剤
メイク 目以外は当日、アイメイクは翌日から可能
シャワー 当日から可能
洗顔は1週間程目を擦らないこと
入浴 翌日から可能
抜糸がある場合は、抜糸翌日から可能
備考
  • 腫れが心配な方は、サングラスやメガネをお持ちください。
  • コンタクトレンズをご使用の方は手術当日はメガネをお持ちください。

下眼瞼下制術 切開法のよくある質問

とにかく目を大きく魅せたいのですが、どうしたら良いでしょうか?
横方向には目頭切開と目尻切開、縦方向には眼瞼下垂(挙筋腱膜前転法)とこの手術、さらに涙袋形成を行うことで、芸能人風の目元を手に入れることが出来ます。
控え目な仕上がりにしたいのですが、可能ですか?
少しだけイメージを変えたい方、しっかりと変化を出したい方、その方に合わせてデザインの調節が可能です。診察の際に、ご希望をお気軽にご相談ください。

お電話でも予約・相談承ります
年中無休 AM10:00~PM8:00

  • 新宿院
    03-5332-7773

  • 六本木院
    03-6441-3355

新宿院

院長 山本厚志

〒160-0023
 東京都新宿区西新宿7-11-15
 サンフル西新宿2F
TEL:03-5332-7773
診療時間 AM11:00~PM8:00
JR新宿駅 西口から徒歩5分
都営大江戸線 新宿西口駅から徒歩1分
西武新宿線 西武新宿駅から徒歩3分
六本木院

 

〒106-0032
 東京都港区六本木3-7-1
 THE ROPPONGI TOKYO PLAZA 205
TEL:03-6441-3355
診療時間 AM11:00~PM8:00
都営大江戸線 六本木駅から徒歩2分
東京メトロ日比谷線 六本木駅から徒歩2分

ご閲覧履歴

最近ご覧になったページ