LipoLife(ライポライフ)
LipoLife(ライポライフ)脂肪吸引
レーザー照射で革新的な脂肪吸引
憧れの美ボディ、小顔へ

レーザー照射をしながら行う脂肪吸引「LipoLife(ライポライフ)」

ライポライフ マシーン画像

ライポライフは、従来の脂肪吸引機には無い“レーザー照射をしながら”脂肪吸引を行う革新的なマシーンで、レーザーの熱で脂肪間の繊維を溶かし、脂肪細胞が剥離しやすい状態を作って吸引します。
そうする事で、脂肪細胞を破壊せずにスルっと簡単に吸引する事ができるため、身体への負担や内出血を軽減させる事ができます。
また、レーザーがもたらすスキンタイトニング効果により、吸引部の肌の引き締まりも期待できます。
ライポライフは、脂肪移植で唯一FDA(日本の厚生労働省にあたる機関)の認証を取得しています。

LipoLife(ライポライフ)による
ボディメイクのメリット
  • 確実に細く。リバウンドの心配なし
  • スムーズな脂肪吸引で施術時間を短縮
  • 術後の内出血や身体へのダメージを軽減
施術時間 約2~3時間
麻酔 局所麻酔
静脈麻酔セット
硬膜外麻酔
傷跡 術後1~3ヶ月は傷の赤みが気になる場合がある
体質により内出血がでる場合がある
通院 7日後に1回
ライポライフで行う「脂肪注入」はこちら

脂肪の生存率95%!ライポライフで吸引した純度の高い脂肪をバストやほうれい線に

脂肪吸引ができるパーツ

ライポライフ脂肪吸引 適応部位

アゴ下

頬やアゴ下の脂肪吸引は輪郭がはっきりするので、小顔効果が高くなります。

ライポライフ脂肪吸引 アゴ下

メーラーファット

メーラーファットとは、ゴルゴ線とほうれい線の間にある脂肪です。メーラファットが多いと、笑った時に頬の膨らみが目立ち、顔が大きく見えてしまうことがあります。また、加齢によるたるみでメーラーファットが目立ってしまうこともあります。メーラーファットを除去することで、ほうれい線やゴルゴ線も目立ちにくくなります。

ライポライフ脂肪吸引 メーラーファット

ジョールファット

ジョールファットとは、口元横と口角下の間にある脂肪です。加齢によるたるみで目立ってしまう場合や、若くても先天的にジョールファットが多い方もいます。ジョールファットが多いと、マリオネットラインが目立ち、フェイスラインが四角くぼやけて見えてしまうことがあります。ジョールファットを除去することで、フェイスラインを整え、輪郭をシャープな印象に導きます。

ライポライフ脂肪吸引 ジョールファット

身体への負担・内出血を減らす
「ダイオードレーザー照射」

脂肪細胞を壊さず吸引

脂肪溶解に適した1470ナノミリメートルのダイオードレーザー

ライポライフは、脂肪溶解に適した波長1470ナノミリメートルのダイオードレーザーを使用します。
ダイオードレーザーは水分にのみ反応する波長で、チュメセント液(※1)の水分をターゲットにして、蓄熱効果で脂肪細胞が繋がっている部分を溶解、剥がしやすくすることで脂肪細胞を壊さず、且つスピーディーに吸引する事ができます。破壊されていない脂肪細胞の質は、注入時の定着・持続を左右する重要なポイントです。

脂肪を壊さず吸引するイメージ

レーザーは、血液凝固の役割もあるため、術後の内出血も少なくなります。

術後一週間目の内出血比較

※1 チュメセント液とは
チュメセントとは”ふやかす”という意味。施術箇所の脂肪間にスペースを与え、脂肪吸引を行いやすい状態にするものです。局所麻酔や止血剤を混合して使用します。

吸引部の皮膚がボコつきにくい。スキンタイトニング効果

LipoLife(ライポライフ) 施術方法イメージ

ダイオードレーザーの蓄熱エネルギーにより、既存するコラーゲンエラスチン繊維の温存と新たなコラーゲンの生成を促進し、より弾力的な引き締まり効果が期待できます。

熱傷(やけど)リスクの低減

LipoLife(ライポライフ) 特許取得のAngel™ Emitting Fiberテクノロジーを採用

特許取得のAngel™ Emitting Fiberテクノロジーを採用。低電力密度で照射エネルギーを360℃均等化することにより、チップ温度は38~42℃、体内温度42~45℃に保たれ、熱傷(やけど)リスクが低減します。

ライポライフのダウンタイムについて
施術後~完成までの生活

腫れ

吸引部位は、腫れ・むくみが出ます。個人差はありますが、2~3週間ほどで消えていきます。圧迫下着を使用することで、腫れを抑えることが可能です。

カニューレを挿入するために、5mm程度切開をしますが、シワの間や、洋服で隠れるようなできるだけ傷の目立ちにくい箇所から行います。

痛み

施術中は麻酔が効いているため、痛みはありません。術後は痺れや痛みが出ますが、痛み止めを処方します。

完成までの生活

  • 着圧サポーター等を、術後最初の2日間、24時間着用していただきます。その後必要に応じて医師の指示に従って7日間2~4時間(連続または非連続)着用してください。下半身の施術の場合は、コンプレッサーを24時間、3日間にわたって着用いただきます。
  • 皮膚や皮下組織に損傷を与える可能性があるため、治療を受けた部分をアイスパックで冷却しないでください。
  • 術後2週間はとても熱いお風呂やシャワーを浴びないでください。 腫れ、感染の危険性があります。
  • 運動は、術後7日間は控えてください。特に激しい運動は2週間控えてください。
  • 日焼けは1ヶ月間避けてください。

LipoLife(ライポライフ)の症例写真

  • LipoLife(ライポライフ)の症例写真01 BeforeBefore
  • LipoLife(ライポライフ)の症例写真01 AfterAfter
  • LipoLife(ライポライフ)の症例写真02 BeforeBefore
  • LipoLife(ライポライフ)の症例写真02 AfterAfter

LipoLife(ライポライフ) 二の腕 30代女性

二の腕をほっそりさせたいというリクエストで、安全に脂肪吸引が行える「ライポライフ」での脂肪吸引をご検討でした。
二の腕全体を細くしていくのですが、特に体幹部に近いところは、しっかりと細くしていく必要があります。
術後、腫れが引いて来て、二の腕が細くなってきました。良い変化が期待できそうです。

施術概要 お腹まわりや太ももなどから余分な脂肪を“レーザー照射をしながら”吸引し、顔、バスト、ヒップなどのボリュームアップしたい部分に注入する施術です。
施術の副作用(リスク) 痛み、血腫、感染、神経損傷、脂肪塞栓・血栓、表面の凹凸、出血、傷跡、左右差
施術の金額 385,000円
担当ドクター:院長 山本厚志

LipoLife(ライポライフ)の施術概要

施術時間 約2~3時間
麻酔 局所麻酔
静脈麻酔セット
硬膜外麻酔
傷跡 術後1~3ヶ月は傷の赤みが気になる場合がある
体質により内出血がでる場合がある
腫れ 個人差はあるが、2~3週間ほどで消えていく
圧迫下着を使用することで、腫れを抑えることが可能
通院 7日後に1回
お薬 痛み止め/止血剤/抗生剤
シャワー 2日後から可能
シャワーの温度が熱くならないよう注意
入浴 腫れが引くまで入浴は避けること。
術後2週間程度は特に熱いお風呂やシャワーを避けること。
備考
  • 車や重機の運転や操作をしないでください。

LipoLife(ライポライフ)のよくある質問

どのくらいの脂肪を吸引できますか?
一度の脂肪吸引で採取可能な脂肪量は体重の3~5%までとされています。そのため、脂肪吸引箇所は太もも、お腹まわり、腕など3ヶ所までとなる事が多いです。
術後、仕事復帰はいつからできますか?
腫れやむくみが落ち着いてくる1週間目くらいが目安になると思います。
術後の痛みが心配です。
強い筋肉痛の様な痛みが2~3日出ます。動けないほどの痛みではありませんが、少し動きにくくなります。痛み止めをしっかり服用してください。徐々に痛みはなくなっていきます。

お電話でも予約・相談承ります
年中無休 AM10:00~PM8:00

  • 新宿院
    03-5332-7773

  • 六本木院
    03-6441-3355

新宿院

院長 山本厚志

〒160-0023
 東京都新宿区西新宿7-11-15
 サンフル西新宿2F
TEL:03-5332-7773
診療時間 AM11:00~PM8:00
JR新宿駅 西口から徒歩5分
都営大江戸線 新宿西口駅から徒歩1分
西武新宿線 西武新宿駅から徒歩3分
六本木院

 

〒106-0032
 東京都港区六本木3-7-1
 THE ROPPONGI TOKYO PLAZA 205
TEL:03-6441-3355
診療時間 AM11:00~PM8:00
都営大江戸線 六本木駅から徒歩2分
東京メトロ日比谷線 六本木駅から徒歩2分

ご閲覧履歴

最近ご覧になったページ