ACRS注入療法(自己血サイトカインリッチ血清)
抗炎症サイトカインで健やかなハリ肌へ

ACRS注入療法(自己血サイトカインリッチ血清)とは

ACRS注入療法とは、患者様自身の血液を利用した免疫療法です。慢性的に炎症を起こしやすい肌環境を抗炎症性サイトカイン(IL-1Ra)で、改善に導きます。

ACRS注入療法(自己血サイトカインリッチ血清)の効果 イメージ

ACRS注入療法では、ご自身の血液成分に含まれる成長因子炎症誘発性サイトカイン(IL-1)*1を抑える成分を抽出します。それらの成分を高濃度に含んだ上清液(サイトカイン)を使って治療を行います。
*1 炎症誘発性サイトカイン(IL-1):軟骨・骨破壊作用などがあり、全ての炎症の要因とされる

ACRS注入療法(自己血サイトカインリッチ血清)は、血液成分を抽出するために血液抗凝固材や血液分離剤、血小板活性製剤などの添加物を一切使用しないため、安全性の高い治療法といえます。

※脱水症状を起こす可能性がありますので、前日の飲酒はお控えください。脱水状態になると、採取できる量が減る可能性があります。

こんな方におすすめ
  • シワ・たるみが気になる方
  • くすみや肌荒れが気になる方
  • ニキビ・ニキビ跡の治療を探している方
  • 赤ら顔が気になる方
施術時間 30分
※培養時間:3時間(最終受付時間 15:00)
麻酔 笑気ガス
表面麻酔
傷痕 個人差で直後に内出血が出る場合があるが、数日~1週間程度で消退
通院 3週間~1ヶ月に1回のペースを推奨

サイトカインのバランスと老化

慢性的な炎症が起きた場合のイメージ

通常、体内では炎症を引き起こすサイトカイン(IL-1)とそれを抑える働きのあるサイトカイン(IL-1Ra)がバランスよく共存していて、健康な体の恒常性を維持する働きをしています。
しかし、毎日の生活の中で様々な要因によってこのバランスが崩れ、慢性的な炎症へと進み、細胞レベルでの老化を促進させます。

正常な体内バランスのイメージ

そこで、この体内バランスを炎症免疫療法ACRSで正常な状態に戻し、炎症状態を緩和させます。その上で血小板由来の高濃度な成長因子によって細胞の再生・組織の活性と再生を促します。

高濃度の上清液(サイトカイン)を抽出する技術

ACRS(炎症免疫療法)では、患者様から採血した血液を遠心分離機にかけて、サイトカインを抽出します。遠心分離機を使用することで血清中に浮遊している血小板の抜け殻や血小板、血球成分をシリンジ下部に落とし込むことができ、高濃度の成長因子を含んだ上清液を取り出すことができます。

ACRSの抽出イメージ

ACRSの抽出量は、おおよそ10~12ccの採血につき3~5ccです。※個人差があります

5倍以上!
3時間の培養で有効成分増加

3時間の培養で有効成分が5倍以上増加する数値グラフ

有効成分であるEGFやFGFといった成長因子は、ACRS専用シリンジ内での3時間の培養で約5~15倍、抗炎症サイトカイン(IL-1Ra)は約5倍に大きく増殖されます。

選べる施術方法

ACRSで培養したサイトカインを注入する方法を次の中からお選びいただけます。

MPガン(メソペンガン)
MPガンの施術と機械写真

ヘッドが小さくシングル針での注入のため、小鼻周りや目尻など水光注射では難しい部位に注入が可能なメソセラピー機器です。
一定量の薬剤を一定の深さとスピードで皮膚の最適層へ均一に注入することができ、欧州CEマーク*を取得しています。
* EUの法律が定める安全基準を満たすことで表示できる安全マーク

水光注射(Derma Queen)
ダーマクイーンの機械写真

ACRSで培養したサイトカインをスタンプ吸引式の薬剤注入機『Derma Queen(ダーマクイーン)』で皮膚の浅い部分に多数ヶ所注射します。
5本針のマルチニードルで注入することで、短い時間での施術が可能になりました。

注射器による注入(手打ち)
注射器による注入イメージ

注射器で気になる部位にピンポイントでサイトカインを注入します。

点滴
点滴による導入イメージ

点滴で直接サイトカインを導入します。

ACRS注入療法(自己血サイトカインリッチ血清)の症例写真

下記症例写真について

下記の症例写真は、メーカーから提供された資料です。
当クリニックの医師が担当した施術ではありませんので、あらかじめご了承ください。
また、この症例写真は一例であり、全ての患者様に同じような効果が現れることを保証するものではございません。
詳細につきましては、お電話か無料メール相談にてお問い合わせください。

  • ACRS注入療法(自己血サイトカインリッチ血清)の症例写真01 BeforeBefore
  • ACRS注入療法(自己血サイトカインリッチ血清)の症例写真01 AfterAfter

ACRS注入療法(自己血サイトカインリッチ血清)(額のシワ)

治療後、深く刻まれていた額のシワが薄くなって改善傾向にあるのが分かります。

施術概要 ご自身の血液から有効成分を培養・注入し、気になる箇所を改善する注入治療です。
施術の副作用(リスク) 皮下出血、痛み、熱感、軽度の腫れ、感染、硬結、血流障害、蕁麻疹
施術の金額 140,000円〜
  • ACRS注入療法(自己血サイトカインリッチ血清)の症例写真02 BeforeBefore
  • ACRS注入療法(自己血サイトカインリッチ血清)の症例写真02 AfterAfter

ACRS注入療法(自己血サイトカインリッチ血清)(ニキビ)

頬全体にできていた赤いニキビが、治療後、赤みのない肌に改善しています。

施術概要 ご自身の血液から有効成分を培養・注入し、気になる箇所を改善する注入治療です。
施術の副作用(リスク) 皮下出血、痛み、熱感、軽度の腫れ、感染、硬結、血流障害、蕁麻疹
施術の金額 140,000円〜

ACRS注入療法(自己血サイトカインリッチ血清)の施術概要

施術時間 30分
※培養時間:3時間(最終受付時間 15:00)
麻酔 笑気ガス
表面麻酔
傷痕 個人差で直後に内出血が出る場合があるが、数日~1週間程度で消退
腫れ 個人差や注入部位による差はあるが、3日~1週間程度
通院 不要
お薬 なし
メイク 翌日から可能
シャワー 当日から可能
入浴 当日から可能
備考
  • ●2~3週間程度で効果を実感いただけます。
  • ●3週間~1ヶ月に1度のペースで3回続けていただいた後、半年~10ヶ月後を目安としてメンテナンスでお受けいただくことをおすすめします。
  • ●採血後、培養時間に別途3時間かかります。
  • ●脱水症状を起こす可能性がありますので、前日の飲酒はお控えください。脱水状態になると、採取できる量が減る可能性がございます。

ACRS注入療法(自己血サイトカインリッチ血清)のよくある質問

副作用・ダウンタイムはありますか?
体質や注入部位によりポツポツとした針痕が残る場合がありますが、3日~1週間程度で落ち着きます。また、ご自身の血液を使用するため、アレルギーが心配な方にもおすすめです。
万一、赤みや熱感を伴う腫れ等の反応や、過度の膨らみが見られる場合は、なるべく早く医師の診察を受けてください。
しこりができたり不自然になることはありますか?
組織再生が過度に起こった場合にしこりができる可能性があります。医師によるカウンセリングにて、患者様のシワの状態や皮膚の厚みをしっかりと診察し、適正な注入を行います。
ACRSを受けられない人はいますか?
感染症に罹っている方、妊娠中・授乳中の方はACRS注入療法をお受けいただけません。
ACRSを受ける際に注意することはありますか?
脱水症状を起こす可能性がありますので、前日の飲酒はお控えください。可能であれば、2~3日前から飲酒をお控えいただくことをおすすめしています。

お電話でも予約・相談承ります
年中無休 AM11:00~PM8:00

  • 新宿院
    03-5332-7773

  • 六本木院
    03-6441-3355

関連施術
新宿院

院長 山本厚志

〒160-0023
 東京都新宿区西新宿7-11-15
 サンフル西新宿2F
TEL:03-5332-7773
診療時間 AM11:00~PM8:00
JR新宿駅 西改札から徒歩5分
都営大江戸線 新宿西口駅から徒歩1分
西武新宿線 西武新宿駅から徒歩3分
六本木院

 

〒106-0032
 東京都港区六本木3-7-1
 THE ROPPONGI TOKYO PLAZA 205
TEL:03-6441-3355
診療時間 AM11:00~PM8:00
都営大江戸線 六本木駅から徒歩2分
東京メトロ日比谷線 六本木駅から徒歩2分

ご閲覧履歴

最近ご覧になったページ