鼻中隔延長
鼻中隔延長
自身の軟骨で鼻先を長く高く整える

鼻中隔延長とは

鼻中隔延長 施術前・施術後 イメージ

鼻先に軟骨を移植して、鼻中隔(鼻腔の中央を仕切る壁)を延長させ、欧米人のような凛とした鼻に導く施術です。
鼻先を下方向や前方に延ばすことで、ACR(小鼻と鼻柱の位置関係)が整い、正面から鼻の穴が見えにくくなります。
短い鼻を長くしたい方にもおすすめの手術です。

鼻中隔延長 ACRイメージ

当院の鼻中隔延長は、患者様ご自身の鼻中隔軟骨を使用した術式で行います。肋軟骨や耳介軟骨を使用する術式では、鼻以外にも傷ができますが、当院の術式は傷が鼻のみなので、ダウンタイムの負担もその分軽くなります。また、自家組織を使用するため、プロテーゼなどの異物を入れる事やアレルギーが心配な方にもおすすめです。

ACR(小鼻と鼻柱の位置関係)

こんな方におすすめ
  • 上向き鼻を下向きにしたい
  • 鼻の穴が正面から見えやすい
  • 鼻先に高さが欲しい
施術時間 約2時間
麻酔 局所麻酔
静脈麻酔セット
傷跡 鼻柱の縫合
通院 抜糸のため、7日後に1回

鼻中隔延長で”理想の鼻先”を叶える

鼻中隔延長は、鼻の穴が見えやすい豚鼻や上向きの鼻先を下向きに延ばすのはもちろんのこと、鼻先をシャープに高くするなどご希望のイメージに合わせた角度調整が可能です。

鼻中隔延長のデザイン

鼻中隔延長 デザインイメージ01

鼻先を下向きに

鼻中隔延長 デザインイメージ01

鼻先を斜め下に

鼻中隔延長 デザインイメージ01

鼻先をまっすぐ高く

鼻中隔延長 デザインイメージ01

ややアップノーズに

傷跡を少なく。ラクルの鼻中隔延長

鼻中隔延長 鼻中隔軟骨 クローズ法 イメージ

当院では移植する軟骨に「鼻中隔軟骨」を使用します。
鼻中隔軟骨は、鼻の穴を左右に仕切る軟骨で、硬く平らで鼻中隔延長に適しています。
鼻中隔延長で他に用いられる軟骨として、耳介軟骨や肋軟骨を使用する方法もありますが、鼻中隔軟骨を使用することで、余分な皮膚切開や傷痕を作らずに行えるものポイントです。

ただし、鼻筋を支える鼻中隔軟骨を多く採りすぎると、鼻筋の湾曲や陥没のリスクがあるため、術者の技術が重要になります。

施術方法

鼻中隔延長 施術イメージ

軟骨は、上図のように鼻中隔軟骨を鼻筋側と鼻柱側をL字に残して採取します。そうして取り出した軟骨を、一人一人の鼻の形に綺麗に合うよう、削ったり切るなどして微調整を行います。

そして、形成した鼻中隔軟骨をもとの鼻中隔軟骨の先端に縫いつけます。次に、鼻翼軟骨を引っ張り出すようにして継ぎ足した鼻中隔軟骨の先端に向かって縫い寄せます。
ご希望に応じて鼻先の余分な軟部組織を取り出し、鼻先をより細くする事も可能です。

鼻中隔延長 オープン法イメージ

施術は鼻柱を切開する『オープン法』で行います。
鼻の外側に傷ができますが、鼻中隔の延長方向や位置の調整を細かくデザインできます。

鼻中隔延長のダウンタイムについて
施術後~完成までの生活

腫れ

個人差はありますが、局所麻酔の影響で数日~1週間程度腫れ、7〜10日程で引いていきます。施術当日はマスクの持参をおすすめしています。

オープン法で手術を行うため鼻の外側に傷ができますが、半透明の糸を使用して細かな縫合をしますので目立ちません。術直後は縫合箇所の腫れや血のにじみが出やすくなりますが、時間の経過とともに傷跡はほとんど分からなくなります。縫合箇所に感染が起こると傷の治りが悪くなるので、清潔に保ちましょう。

痛み

施術中は麻酔が効いているため、痛みはありません。術後は、転んで怪我をした時のような痛みがありますので、痛み止めを処方します。

完成までの生活

術後1~2日間は、肌色のテープと肌色のアルミプレートで鼻を固定します。就寝中や生活の中で鼻先をぶつけたりしないように保護をする目的と、固定することでズレを起きなくします。
術後1ヶ月程度は強い衝撃には注意が必要です。洗顔やシャワー、メイクは当日から可能ですが、腫れが落ちつくまでの間は鼻がかみにくくなるなど違和感があります。それまでの間はできるだけ飲酒や運動、長時間の入浴は控えましょう。また、人の創傷治癒(傷が治っていく様子)の期間は通常3~6ヶ月ですので、本当の完成は半年後ですが、手術から1ヶ月で大まかな完成像が分かります。

鼻中隔延長 術後の固定 イメージ

鼻中隔延長の症例写真

  • 鼻中隔延長の症例写真01 BeforeBefore
  • 鼻中隔延長の症例写真01 AfterAfter

鼻中隔延長+耳介軟骨移植修正+鼻尖縮小(鼻尖形成)(オープン法)+猫手術+ワシ鼻修正(ハンプ切除) 20代女性

鼻先を細く前に出して、綺麗な形の鼻にしたいというリクエストでした。
約半年前に、他院で耳介軟骨移植+鼻尖縮小を受けられたそうですが、変化が良く分からなかったとのことでした。
術前と比較して、鼻先が細く前に出ています。
ハンプ切除のところは、まだ腫れが残り、膨らんで見えます。オープン法でしたので、ハンプの原因が「上外側鼻軟骨」であることが分かりました。

施術概要 鼻先に軟骨を移植して鼻の高さと長さを出す施術と、鼻先を細くする施術、鼻と唇の角度を矯正して口元の突出感を和らげる施術、鼻筋の中央部分の出っ張りを切り取る施術の複合施術です。
施術の副作用(リスク) 腫れ(腫脹)、皮下出血、感染、痛み、左右差、傷痕、術後しばらく違和感を感じることがあります。
施術の金額 1,549,500円
担当ドクター:院長 山本厚志
  • 鼻中隔延長の症例写真02 BeforeBefore
  • 鼻中隔延長の症例写真02 AfterAfter

鼻中隔延長+耳介軟骨移植+鼻尖縮小(鼻尖形成)(オープン法)+猫手術+小鼻縮小+α法+鼻プロテーゼ入れ替え 20代女性

鼻先を細く前に出して、小鼻の横幅を小さくして、綺麗な形の鼻にしたいというリクエストでした。
正面から見たときのACR(alar-columellar relationships:小鼻と鼻柱の位置関係)を整えていきたいと思います。また、鼻筋はもう少し細くしたいと思います。
最新のAfterはまだ腫れが残りますが、「猫手術」により鼻唇角の角度が増しています。
また、「鼻中隔延長+鼻尖形成」で鼻尖が細く前に出たことで、鼻背~鼻尖にかけての形が良くなりました。「小鼻縮小+α法」により、小鼻の左右差が改善し、横幅も小さく変化してきました。

施術概要 鼻先に軟骨を移植して鼻の高さと長さを出す施術と、鼻先を細くする施術、鼻と唇の角度を矯正して口元の突出感を和らげる施術、小鼻の横幅を狭くして張り出しを目立たなくする施術、プロテーゼを挿入して鼻筋を高く整える施術の複合施術です。
施術の副作用(リスク) 腫れ(腫脹)、皮下出血、感染、痛み、左右差、傷痕、術後しばらく違和感を感じることがあります。
施術の金額 1,859,150円
担当ドクター:院長 山本厚志

鼻中隔延長の施術概要

施術時間 約2時間
麻酔 局所麻酔/静脈麻酔セット
傷跡 鼻柱の縫合
腫れ 数日~1週間
通院 抜糸のため、7日後に1回
お薬 痛み止め/止血剤/抗生剤
メイク 当日から可能だが、できるだけ手術部位を避けること
シャワー 当日から可能
鼻が濡れないよう注意
入浴 抜糸翌日から可能
ただし、腫れが引くまで入浴は避けること

鼻中隔延長のよくある質問

軟骨挿入後、ずれたりしませんか?
移植する軟骨は自家組織なので、組織同士がくっつくため、一度固定されたらずれることはありません。
鼻呼吸がしづらくなることはありませんか?
ダウンタイム中は腫れがあるため鼻づまりが起こりやすくなりますが、1~3ヶ月程で治ります。ダウンタイム後は、基本的にはそのようなことはありません。それでも症状が残った場合には、移植した軟骨を部分的に削るなどの対応を行います。
どのくらい長くできますか?
鼻尖の皮膚の厚さや軟骨の状態により異なりますが、3〜5㎜が目安になります。
採取した軟骨部分への影響はないですか?
鼻中隔延長に使用する採取量は少量のため、変形や機能障害などの影響は心配ありません。

お電話でも予約・相談承ります
年中無休 AM10:00~PM8:00

  • 新宿院
    03-5332-7773

  • 六本木院
    03-6441-3355

新宿院

院長 山本厚志

〒160-0023
 東京都新宿区西新宿7-11-15
 サンフル西新宿2F
TEL:03-5332-7773
診療時間 AM11:00~PM8:00
JR新宿駅 西口から徒歩5分
都営大江戸線 新宿西口駅から徒歩1分
西武新宿線 西武新宿駅から徒歩3分
六本木院

 

〒106-0032
 東京都港区六本木3-7-1
 THE ROPPONGI TOKYO PLAZA 205
TEL:03-6441-3355
診療時間 AM11:00~PM8:00
都営大江戸線 六本木駅から徒歩2分
東京メトロ日比谷線 六本木駅から徒歩2分

ご閲覧履歴

最近ご覧になったページ