ウルトラセルQプラス リニア(HIFU)
ウルトラセルQプラス リニア(HIFU)
二重アゴを改善、小顔へ導く。
HIFUで叶える脂肪溶解
リニア4.5カートリッジ導入

ウルトラセルQプラス リニア(HIFU)とは

ウルトラセルQプラス リニア 症例写真 施術前 ウルトラセルQプラス リニア 症例写真 施術後

切らずにたるみを引き上げるハイフ(HIFU:高密度焦点式超音波)治療の代名詞、ウルトラセルQプラス(HIFU)シリーズに新治療が登場。
ハイフ照射口となる新型のリニア(線照射)カートリッジが『脂肪溶解』を実現します。

点照射は局部加熱なのに対し、線照射ではバルクヒーティング(広域加熱)のため、同数のショットで広範囲に熱を伝えることができ、下顔部などのボディ部に効果を発揮します。

ウルトラセルQプラス リニア(HIFU)は短時間の治療で即効性があり、施術直後から効果を実感いただけます。
かさぶたや赤みなどの症状が肌にあらわれず、治療直後からメイクも可能です。治療後に人に会う予定があっても、安心してお受けいただけます。

ウルトラセルQプラス リニア(HIFU)機械画像
こんな方におすすめ
  • 二重アゴ・フェイスラインをスッキリさせたい
  • 脂肪吸引以外でアゴ下をスッキリさせたい
  • フェイスリフト術後に、アゴ下をさらに改善したい
施術時間 10~15分
麻酔 表面麻酔
傷跡 なし
通院 不要

ウルトラセルQプラス リニア(HIFU)で治療ができる部位は?

ウルトラセルQプラス リニア(HIFU)は、アゴまわり、口角~フェイスラインなど、皮下脂肪の多い箇所に効果があります。脂肪減少と輪郭形成によって、小顔効果を得ることができます。
アゴ下とフェイスライン両部位への治療は、脂肪の状態を見ながらショット数を振り分けて照射を行います。

ハイフ(HIFU)照射部位

脂肪細胞破壊による半永久的な効果

脂肪細胞破壊 イメージ

ウルトラセルQプラス リニアの治療は、脂肪細胞を破壊します。細胞数自体が減れば、細胞分裂をしても数は回復しないため、半永久的な効果が期待できます。
破壊された脂肪は代謝物として対外へ排出されます。

点状に出ていた超音波が「線状」に進化

新しいウルトラセルQプラスの専用リニアカートリッジ(ハイフ照射口)は、超音波が線状に照射されます。
局部加熱タイプの点状(ドット状)の照射を、線状に照射することで熱伝導率が上がり、従来の約6倍(*1)の範囲を加熱することができるようになりました。

広域加熱によって脂肪溶解が起こり、【従来よりも短い施術時間】で【コントアリング(輪郭の小顔効果)&タイトニング(引き締め効果)】を実現します。

*1 点照射は約4㎣/lineなのに対し、線照射では23.55㎣/line

点照射と線照射の治療エリア イメージ

線照射(58℃)

線照射イメージ
広域加熱脂肪溶解ボリューム減少
コントアリング&タイトニング

点照射(65℃)

点照射イメージ
局部加熱コラーゲン編成コラーゲン新形成
リフティング&タイトニング

※コントアリング…輪郭を整えて小顔効果
※タイトニング…肌の引き締め効果
※リフティング…肌のたるみの引き上げ効果

ウルトラセルQプラス リニア(HIFU)の3つの特徴

特徴1:スピーディーな照射システムで治療時間を短縮

特徴2:痛みが少ない

ウルトラセルQプラス リニア(HIFU)は照射時間が短くなったことで、痛みによる負担が少なくなりました。
また、引き締めエリアのポイントに対し選択的にエネルギーを照射するため、周りの歯や骨に響きにくくなっています。
照射時にチクチクした痛みとわずかな熱感を感じる程度ですので、継続的に治療していただきやすくなりました。

※多くの方は麻酔なしで治療していただけますが、痛みの感じ方には個人差がございます。
 不安な方は、オプションで表面麻酔のご用意もございます。

特徴3:ダウンタイムがほとんどない

ウルトラセルQプラス リニア(HIFU)は、照射時間が短くなったことで、肌表面を傷つけず肌の奥に熱を届けるため、ダウンタイムがほとんどありません。
治療後すぐにメイクも可能で、人に会う約束があっても気づかれることはほとんどありません。

ハイフ(HIFU)とは?

ハイフ(HIFU)とは「高密度焦点式超音波」のことで、超音波の熱エネルギーを1点に集中させることで、強い力で脂肪細胞を破壊する技術です。
超音波の周波数を調整することで、皮膚を傷つけず、目的の箇所まで通過させることができます。
ハイフ(HIFU)は表皮、真皮層だけでなく、皮膚よりも深い脂肪層と筋層の間にある表在性筋膜(SMAS)にピンポイントで熱変性をもたらすことで、治療効果を発揮します。 焦点となった部分は50~60度ほどの熱を持ち、その温度で脂肪が分解されます。

ハイフ(HIFU)と従来のたるみ治療器の違い

ウルトラセルシリーズ リフトアップはこちら

2週間おき3回の治療でリバウンド減、持続性を高める

モデルイメージ

ウルトラセルQプラス リニアは1度の治療でも脂肪減少効果をご実感いただけますが、繰り返しお受けいただくことでより効果の持続性を高めます。当院では、2週間おきに3回の治療をおすすめしています。

ウルトラセルQプラス リニアの症例写真

  • ウルトラセルQプラス リニア(HIFU)の症例写真01 BeforeBefore
  • ウルトラセルQプラス リニア(HIFU)の症例写真01 AfterAfter
  • ウルトラセルQプラス リニア(HIFU)の症例写真02 BeforeBefore
  • ウルトラセルQプラス リニア(HIFU)の症例写真02 AfterAfter
  • ウルトラセルQプラス リニア(HIFU)の症例写真03 BeforeBefore
  • ウルトラセルQプラス リニア(HIFU)の症例写真03 AfterAfter

ウルトラセルQプラス リニア(HIFU) 首上部(アゴ下) 20代女性

二重アゴに特化したウルトラセルQプラス リニアの症例です。
線状に超音波を照射しますので、いわゆるHIFUの引き締めではなく、脂肪溶解が行えます。
こちらのモニター様は、アゴ下の脂肪を減らしたいとご希望でした。アフターは5回照射後2週間目の状態です。5回目からアゴ下に加えて、口角~フェイスラインにも照射をしました。
1回で脂肪の減少と皮膚の引き締まりに結構変化が出ています。口角~フェイスラインは、正面からが変化が分かりやすいです。

施術概要 二重アゴに特化した脂肪溶解を促すマシーン治療です。
施術の副作用(リスク) 痛み、熱感、赤み、皮疹、痂皮、神経障害
施術の金額 50,000円~
担当ドクター:院長 山本厚志
  • ウルトラセルQプラス リニア(HIFU)の症例写真04 BeforeBefore
  • ウルトラセルQプラス リニア(HIFU)の症例写真04 AfterAfter

ウルトラセルQプラス  リニア(HIFU)(アゴ下+口角~フェイスライン) 20代女性

エラの骨切り後にアゴ下とフェイスラインにたるみが出てしまい、スッキリさせたいというご希望でした。ダウンタイムが無い方法での改善を希望でした。 術後、フェイスラインがハッキリしています。あご下の脂肪が減り、皮膚のたるみが引き締まって、顔の縦の長さが短くなりました。

施術概要 二重アゴに特化した脂肪溶解を促すマシーン治療です。
施術の副作用(リスク) 痛み、熱感、赤み、皮疹、痂皮、神経障害
施術の金額 50,000円~
担当ドクター:院長 山本厚志

ウルトラセルQプラス リニアの施術概要

施術時間 10~15分
麻酔 表面麻酔
傷跡 なし
腫れ なし
通院 不要
お薬 なし
メイク 当日から可能
シャワー 当日から可能
入浴 当日から可能

ウルトラセルQプラス リニアのよくある質問

効果はどのくらい持続しますか?
脂肪細胞自体を破壊するため、半永久的な効果が期待できます。1クール(3回)治療後、2クール、3クールと繰り返し治療することにより脂肪減少効果を高めます。
ウルトラセルQプラス リニアはたるみの引き締め効果は無いのですか?
ウルトラセルQプラスは、点照射・線照射によって治療効果が異なります。線照射のリニアは、広範囲に熱を伝えることで脂肪を溶解する効果があります。
たるみ引き締めを目的とするウルトラセルは点照射で、SMASのピンポイントに熱を伝えるシステムになります。
副作用・ダウンタイムはありますか?
副作用はほとんどありませんが、照射中に熱感を感じることはあります。
また、照射後に赤みの出る方もいらっしゃいます。

お電話でも予約・相談承ります
年中無休 AM10:00~PM8:00

  • 新宿院
    03-5332-7773

  • 六本木院
    03-6441-3355

新宿院

院長 山本厚志

〒160-0023
 東京都新宿区西新宿7-11-15
 サンフル西新宿2F
TEL:03-5332-7773
診療時間 AM11:00~PM8:00
JR新宿駅 西口から徒歩5分
都営大江戸線 新宿西口駅から徒歩1分
西武新宿線 西武新宿駅から徒歩3分
六本木院

 

〒106-0032
 東京都港区六本木3-7-1
 THE ROPPONGI TOKYO PLAZA 205
TEL:03-6441-3355
診療時間 AM11:00~PM8:00
都営大江戸線 六本木駅から徒歩2分
東京メトロ日比谷線 六本木駅から徒歩2分

ご閲覧履歴

最近ご覧になったページ