全切開法二重術
全切開法二重術
くっきり二重ラインが
半永久的に続く二重術

全切開法二重術とは

くっきりとした二重を希望される方に適しており、半永久的に二重の効果が持続します。

まぶたの状態を確認し、二重のラインを予測してシワに沿って切開線のデザインを行います。二重の幅は、狭くも広くも調節することができます。また、脂肪を取りスッキリとした二重まぶたにすることも可能です。
傷が少しでも綺麗に治るように、皮膚を極細の糸を用いて丁寧に縫合していきます。

まぶたの皮膚が厚く埋没法やマイクロ切開だけでは綺麗な二重まぶたに出来ない方や、埋没法を受けても元に戻ってしまう方にオススメの施術です。

全切開法二重術 施術イメージ
こんな方におすすめ
  • 確実に二重を作りたい方
  • 埋没法を何度か繰り返したが、元に戻ってしまった方
  • まぶたが腫れぼったく、部分切開法二重術では綺麗な二重まぶたに出来ない方
施術時間 1~2時間
麻酔 局所麻酔
静脈麻酔セット
点眼麻酔
傷跡 1~3ヶ月程度で目立たなくなる
通院 抜糸のため7日後に1回

ドクターのこだわり

全切開法二重術をご希望される場合、腫れぼったい上まぶたをスッキリさせたいというリクエストが非常に多いです。
腫れぼったい上まぶたの原因としては、皮膚、眼輪筋、眼窩脂肪、隔膜前脂肪(ROOFを含む)があります。
腫れぼったい上まぶたの改善には限界がありますが、上眼窩脂肪だけではなく、眼輪筋や隔膜前脂肪も必要があれば切除し、スッキリした目元になるように心がけて手術を行っています。

末広型?平行型?様々な二重のタイプや幅

様々な二重のタイプや幅 イメージ

日本人に多い奥二重や末広型の二重タイプは、自然でナチュラルな印象になります。変わって平行二重は外国人に多く、大人っぽい洗練された印象に。二重の幅によっても印象は大きく異なってきます。

カウンセリングの様子 イメージ

なりたいイメージに向けてしっかりとカウンセリングをしていきます。

不自然な二重にならない、ラクルの術式

まずは、まぶたの組織を見てみましょう。

まぶた 断面図

従来の一般的な全切開法二重術は、二重ラインの下側の脂肪(隔膜前脂肪)も切除しており、さらに切開したまぶたを挙筋腱膜および瞼板と縫い合わせていました。それにより二重ラインの上下で脂肪の厚みに段差が生じてしまい、特に目を閉じた時に不自然に二重のラインがくっきりと出てしまうことがありました。

当院の術式は、二重ラインの上側のみの不要な脂肪(眼窩脂肪や、隔膜前脂肪、眼輪筋)を切除し、切開したまぶたを挙筋腱膜(まぶたを開く時に使う筋膜)とのみ縫い合わせます。それにより、より自然な二重まぶたにすることが可能になります。

ラクルの全切開法二重術 イメージ
従来の全切開法二重術 イメージ

全切開法二重術と部分切開法二重術の比較

全切開法二重術と部分切開法二重術の違い イメージ

全切開法二重術と部分切開法二重術の違いについて質問を受けることがあります。切開が小さい方が負担が少ないから良いのではないか?と思われるようです。
まず、全切開法二重術と部分切開法二重術の一番の大きな違いは、不要な瞼の脂肪の除去ができるかできないかです。まぶたに厚みがあったり皮膚の余りがある場合は、組織の切除を行う全切開法二重術が向いています。

その他、幅広の二重をご希望の方も全切開が向いています。まぶたの上の方と下の方では脂肪の厚みが異なるため、幅の広い二重を形成する場合に切開箇所が小さいと、目を閉じた時など、食い込んだような不自然なまぶたになってしまうためです。

幅広二重と部分切開法二重術 イメージ

ダウンタイム
施術後~完成までの生活

全切開法二重術のダウンタイム イメージ

腫れ

全切開法二重術は術後大きく腫れます。施術当日はサングラスやメガネの持参をおすすめしています。また、術後1、2日は冷やしてもいいと思いますが、その後は何もせず様子を見てください。腫れが引くまでは、飲酒、運動、長時間の入浴はお控えください。腫れやむくみは時間とともに必ずよくなります。

腫れと合わせて、傷(縫合)も目立ちます。個人差はありますが、約1ヶ月程度でかなり目立たなくなってきます。当院ではできる限り傷が早く治るよう、細かな縫合をしています。
また、抜糸までに傷に感染が起こると傷の治りが悪くなります。しっかり軟膏を塗り、洗顔も傷以外のところを拭く程度にした方が良いです。化粧もなるべく抜糸の翌日まで控えましょう。

痛み

施術中は麻酔が効いているため、痛みはありません。術後は転んで怪我をした時のような痛みはありますが、痛み止めを処方しますので痛みは我慢できる範囲内です。当院は丁寧な施術や適した麻酔を施し、患者様の痛みや負担を可能な限り少なく心がけています。

完成までの生活

人の創傷治癒期間は通常3~6ヶ月ですので、本当の完成は半年後ですが、2~3ヶ月で大まかな完成像が分かります。
抜糸を行った後は通常の生活に戻れますが、腫れが落ちつくまでの間はできるだけ飲酒や運動、長時間の入浴は控えましょう。

全切開法二重術の症例写真

  • 全切開法二重術の症例写真01 BeforeBefore
  • 全切開法二重術の症例写真01 AfterAfter

全切開法二重術 20代女性 ①

もともと末広型の二重瞼で、平行型の二重をご希望でした。また、重瞼ラインが不安定なので、ラインをしっかりさせたい、目の上の上眼窩脂肪も取りたいとのリクエストでした。
手術後は食い込みの少ない自然な二重になり、目の開きも良くなりました。

施術概要 二重のラインを予測してシワに沿って切開し、半永久的に二重の効果が持続する二重術です。
施術の副作用(リスク) 腫れ(腫脹)、皮下出血、感染、眼症状(目の違和感、涙の増加など)、傷跡、しこり
施術の金額 250,000円
担当ドクター:院長 山本厚志
  • 全切開法二重術の症例写真02 BeforeBefore
  • 全切開法二重術の症例写真02 AfterAfter

全切開法二重術 20代女性 ②

7年前に埋没法二重術を受けられたそうですが、幅広の平行型二重で外れない二重が良いとのことで、「全切開法二重術」をご希望でした。また、目の上の上眼窩脂肪も取りたいとのリクエストでした。
術後1年が経過し、食い込みの少ないナチュラルな平行二重になりました。目の開きも改善して、印象が変わりました。

施術概要 二重のラインを予測してシワに沿って切開し、半永久的に二重の効果が持続する二重術です。
施術の副作用(リスク) 腫れ(腫脹)、皮下出血、感染、眼症状(目の違和感、涙の増加など)、傷跡、しこり
施術の金額 250,000円
担当ドクター:院長 山本厚志

全切開法二重術の施術概要

施術時間 1~2時間
麻酔 局所麻酔
静脈麻酔セット
点眼麻酔
傷跡 個人差はあるが、手術後1~3ヶ月程度で目立たなくなる
腫れ 個人差はあるが、1週間程度続く
通院 抜糸のため7日後に1回
お薬 痛み止め/止血剤/抗生剤
メイク 目以外は当日、アイメイクは抜糸後から可能
シャワー 翌日から可能
洗顔は1週間程目を擦らないこと
入浴 翌日から可能
洗顔は1週間程目を擦らないこと
備考
  • 手術直後、麻酔の腫れによる左右差や二重の幅が広がることがありますが、時間の経過とともに落ち着きます。
  • 腫れが心配な方は、サングラスやメガネをお持ちください。
  • コンタクトレンズをご使用の方は手術当日はメガネをお持ちください。
  • コンタクトレンズは翌日から使用可能です。違和感がある場合は、2~3日様子を見てください。

全切開法二重術のよくある質問

二重のラインがハッキリし過ぎることはありませんか?
当院の全切開法二重術では、二重まぶたの元々の構造を作成するため、自然な二重まぶたが形成されます。
はじめは、腫れにより多少ハッキリしているように見えることもありますが、徐々に落ち着きます。
腫れを早く引かせたいのですが?
初めの1、2日は冷やしてもいいと思いますが、その後は何もせず様子を見てください。
腫れが引くまでは、飲酒、運動、長時間の入浴はお控えください。腫れやむくみは時間とともに必ずよくなりますので、ご安心下さい。
別売になりますが、「シンエック」という腫れを抑えるサプリもご用意があります。

お電話でも予約・相談承ります
年中無休 AM10:00~PM8:00

  • 新宿院
    03-5332-7773

  • 六本木院
    03-6441-3355

新宿院

院長 山本厚志

〒160-0023
 東京都新宿区西新宿7-11-15
 サンフル西新宿2F
TEL:03-5332-7773
診療時間 AM10:00~PM8:00
JR新宿駅 西口から徒歩5分
都営大江戸線 新宿西口駅から徒歩1分
西武新宿線 西武新宿駅から徒歩3分
六本木院

 

〒106-0032
 東京都港区六本木3-7-1
 THE ROPPONGI TOKYO PLAZA 205
TEL:03-6441-3355
診療時間 AM10:00~PM8:00
都営大江戸線 六本木駅から徒歩2分
東京メトロ日比谷線 六本木駅から徒歩2分

ご閲覧履歴

最近ご覧になったページ