(鼻翼縮小+α法)
小鼻縮小(鼻翼縮小+α法)
横に張り出した小鼻を小さくする

小鼻縮小(鼻翼縮小+α法)とは

小鼻縮小の効果 術イメージ

小鼻(鼻翼)の横幅を狭くして、小鼻の張り出しを目立たなくする施術です。
+α法は、従来の小鼻縮小と比較して、小鼻の下側の横幅だけでなく、小鼻の上側の横幅も小さくなることが最大の特徴です。
また、減張縫合(鼻の奥側を糸で縫い寄せて横幅を小さくすること)を行わないため、術後の戻りが非常に少ない手術になります。

こんな方におすすめ
  • 小鼻の形が全体的に大きい
  • 小鼻の横幅を狭くしたい
  • 鼻の穴を目立たなくしたい
  • なるべく傷跡を残さず治療したい
施術時間 約60~90分
麻酔 局所麻酔
静脈麻酔セット
傷跡 メイクで隠せる程度
通院 抜糸のため、7日後に1回

鼻翼縮小+α法の施術方法

手術は、小鼻のふちと鼻腔底を切除し、鼻翼を縫い縮めます。鼻の奥側を糸で縫い寄せて横幅を小さくする減張縫合は不要です。

施術方法
小鼻縮小+α法 施術イメージ

小鼻の横幅を全体的に縮小し
鼻の穴が正面から見えにくくなる術式

鼻翼縮小+α法は、小鼻の上側の横幅も小さくなることが最大の特徴です。さらに、鼻の穴が目立たなくなるよう、鼻翼基部を内側斜め上に移動させる術式を採用し、より理想の鼻の形へ近づけています。

鼻の穴が目立たない小鼻縮小 術式イメージ
小鼻のタイプ別でみる小鼻縮小術
当院の美容整形は「バランス」を大切にしています。鼻翼縮小+α法は、小鼻の上側も小さくなるため、小鼻が上下全体的に広がっている方に向いた術式です。
小鼻がハの字型(末広がり)の方は、こちらの小鼻縮小術(鼻翼縮小)が適応になる場合があります。

ダウンタイム
施術後〜完成までの生活

小鼻縮小のダウンタイム イメージ

腫れ

小鼻縮小(鼻翼縮小+α法)は、術後の腫れは比較的軽いです。腫れは、数日~1週間で落ち着きます。
ただし、飲酒や運動、長時間の入浴は腫れが引きにくくなるので、腫れ等が続いている間は控えましょう。

傷は、抜糸するまでの間(7日間)は、至近距離では糸が分かりますが、当院では縫合が目立たないように、半透明の糸を使用し、細かな縫合をしています。
また、抜糸までに傷に感染が起こると傷の治りが悪くなります。しっかり軟膏を塗り、洗顔も傷以外のところを拭く程度にした方が良いです。化粧もなるべく抜糸の翌日まで控えましょう。

痛み

施術中は麻酔が効いているため、痛みはありません。転んで怪我をした時のような痛みはあります。痛み止めを処方しますし、じき痛みは落ち着きます。

完成までの生活

人の創傷治癒期間は通常3〜6ヶ月ですので、本当の完成は半年後ですが、腫れも少なく、丁寧に縫合しますので、手術から1週間〜1ヶ月で大まかな完成像が分かります。
腫れや傷が落ち着いて、抜糸を行った後は通常の生活に戻れます。

小鼻縮小(鼻翼縮小+α法)の症例写真

  • 小鼻縮小の症例写真01 BeforeBefore
  • 小鼻縮小の症例写真01 AfterAfter

小鼻縮小(鼻翼縮小+α法)+鼻プロテーゼ隆鼻術 40代女性

こちらのモニター様は、小鼻の広がりと鼻の穴を気にされており、鼻筋もスッと通したいというご希望でした。アフターの写真は術後1ヶ月目の状態です。傷痕の赤みが引いて来て、鼻の穴がかなり目立たなくなりました。減張縫合は一切行っていませんが、良い変化だと思います。術前と比較して、鼻の穴の左右差も目立たなくなりました。

施術概要 広がった小鼻(鼻翼)や鼻の穴を小さくする施術と、シリコン(プロテーゼ)でできた人工軟骨を鼻の穴の中から挿入し鼻を高くする施術です。
施術の副作用(リスク) 腫れ(腫脹)、皮下出血、感染、痛み、左右差、傷痕、術後しばらく違和感を感じることがあります。
施術の金額 460,000円
担当ドクター:院長 山本厚志
  • 小鼻縮小の症例写真02 BeforeBefore
  • 小鼻縮小の症例写真02 AfterAfter

小鼻縮小(鼻翼縮小+α法)+鼻プロテーゼ隆鼻術 40代女性

こちらのモニター様は、小鼻の広がりと鼻の穴を気にされており、鼻筋もスッと通したいというご希望でした。アフターの写真は術後1ヶ月目の状態です。傷痕の赤みが引いて来て、鼻の穴がかなり目立たなくなりました。減張縫合は一切行っていませんが、良い変化だと思います。術前と比較して、鼻の穴の左右差も目立たなくなりました。

施術概要 広がった小鼻(鼻翼)や鼻の穴を小さくする施術と、シリコン(プロテーゼ)でできた人工軟骨を鼻の穴の中から挿入し鼻を高くする施術です。
施術の副作用(リスク) 腫れ(腫脹)、皮下出血、感染、痛み、左右差、傷痕、術後しばらく違和感を感じることがあります。
施術の金額 460,000円
担当ドクター:院長 山本厚志

小鼻縮小(鼻翼縮小+α法)の施術概要

施術時間 約60~90分
麻酔 局所麻酔
静脈麻酔セット
傷跡 メイクで隠せる程度
腫れ 数日~1週間
通院 抜糸のため、7日後に1回
お薬 痛み止め/止血剤/抗生剤
メイク 当日から可能だが、できるだけ手術部位を避けること
シャワー 当日から可能
鼻が濡れないよう注意
入浴 腫れが引くまで入浴は避けること

小鼻縮小(鼻翼縮小+α法)のよくある質問

内出血はありますか?
まれに内出血になることはありますが、メイクで隠せる程度です。
運動はいつから可能ですか?
1週間程度控えていただきます。また腫れ等が続いている場合はその間さけてください。
鼻施術の比較ページへのバナー

お電話でも予約・相談承ります
年中無休 AM10:00~PM8:00

  • 新宿院
    03-5332-7773

  • 六本木院
    03-6441-3355

新宿院

院長 山本厚志

〒160-0023
 東京都新宿区西新宿7-11-15
 サンフル西新宿2F
TEL:03-5332-7773
診療時間 AM10:00~PM8:00
JR新宿駅 西口から徒歩5分
都営大江戸線 新宿西口駅から徒歩1分
西武新宿線 西武新宿駅から徒歩3分
六本木院

 

〒106-0032
 東京都港区六本木3-7-1
 THE ROPPONGI TOKYO PLAZA 205
TEL:03-6441-3355
診療時間 AM10:00~PM8:00
都営大江戸線 六本木駅から徒歩2分
東京メトロ日比谷線 六本木駅から徒歩2分

ご閲覧履歴

最近ご覧になったページ