オステオポール(オステオポア)
オステオポール(オステオポア)
自家組織を作り出し長期的な鼻先形成を叶える

オステオポール(オステオポア)とは

オステオポール(オステオポア) イメージ

ドーム状や球状のノーズチップ(オステオポア)を鼻先に挿入し、丸みのある鼻先をほっそりと高くしたり、長く形成する施術です。
使用するノーズチップは医療用の糸から作られており、自然と体内に吸収されて無くなるため、異物を入れることに抵抗のある方にもおすすめです。また、チップを入れることで周囲に自家組織が形成されるため、チップがなくなってしまった後も長期間効果が持続します。

ノーズチップは挿入する方向によって、鼻先をシャープにしたり、鼻先を長くするなどご希望のイメージに合わせた調整が可能です。

オステオポール(オステオポア)の効果 イメージ
こんな方におすすめ
  • 団子鼻を解消したい
  • 鼻先を細く延長したい
  • 耳介軟骨移植を行わずに鼻先を延長したい
施術時間 約30~60分
麻酔 局所麻酔
静脈麻酔セット
傷跡 メイクで隠せる程度
通院 経過観察のため、1週間前後に1回

ドクターのこだわり

鼻は顔の中心に位置しているため、他のパーツとのバランスを考えて、理想に近づけるようにしなくてはいけません。
当院では、お客様のご要望を伺いながらバランスを取ることを最優先に手術を進めています。

「オステオポール(オステオポア)」の3つの特徴

特徴1:米国FDAの承認、欧州CEマークを取得

オステオポール(オステオポア)のノーズチップは、PCL(ポリカプロラクトン)という医療用の体内で溶ける糸から作られています。
PCLは米国FDA(日本の厚生労働省にあたる機関)の承認と、欧州CEマーク(欧州医療機器指令の必須基本要件を満たしているというサイン)を取得している安全性の高い素材です。

特徴2:長期間の鼻先形成を叶える特殊構造

オステオポール(オステオポア) イメージ

オステオポール(オステオポア)は3Dプリンターで作成されたノーズチップで、その形状は骨の内側のメッシュ状になった海綿質の構造を模して作られています。
立体的な網目構造をしており、ノーズチップを挿入すると、その空洞において血管再生が起こり、周辺で新たに自家組織(繊維)が形成されるという経過を辿ります。
オステオポールのチップは挿入後、2年程で自家組織と置き換わるようにして吸収され、体内には異物が残ることなく長期的な鼻先形成が可能になります。

オステオポール(オステオポア) プロセスイメージ

特徴3:体への負担が少ない

従来の鼻先形成では、軟骨移植という方法で耳などから軟骨の一部を切り取るプロセスが必要でしたが、オステオポール(オステオポア)による鼻先形成は自己軟骨の採取の必要がないため、体への負担も減らすことができます。
オステオポール(オステオポア)のチップの大きさは、指先に乗るほどのサイズです。

オステオポール(オステオポア) チップサイズ イメージ

傷跡が目立たない施術方法

施術は、鼻柱の内側(鼻の穴)1箇所を切開し行います。鼻柱を切開しないため、傷口が目立ちません。

オステオポール(オステオポア) 施術方法イメージ

また、鼻翼軟骨がしっかりしている方はオステオポア単独でも良いですが、鼻尖縮小(クローズ法)を併用していただくと鼻先の形状がよりきれいに前や斜め下に出ます。
鼻尖縮小(クローズ法)は鼻先の余分な周辺組織を除去して、鼻翼軟骨を中央に引き寄せて結び合わせ細い鼻先を形成する施術です。

おすすめの併用施術

小鼻の広がりや鼻の穴を小さくする「小鼻縮小術」は、鼻先形成と合わせて行うと、よりシャープな印象になります。

施術名 効果
小鼻縮小
小鼻縮小イメージ
併用施術
鼻の穴を小さくする
鼻の穴を目立たなくする
切らない小鼻縮小
切らない小鼻縮小イメージ
併用施術
切らずに鼻の穴を小さくする

ダウンタイム
施術後〜完成までの生活

腫れ

術後の腫れは比較的軽く、数日~1週間で落ち着きます。
ただし、飲酒や運動、長時間の入浴は腫れが引きにくくなるので、腫れ等が続いている間は控えましょう。

傷は鼻の穴の中だけなので、目立ちません。数週間かけて自然に溶ける糸を使い丁寧に縫合しますので、抜糸はありません。お化粧は、当日から可能です。

痛み

施術中は、麻酔が効いているため痛みはありません。術後は、転んで怪我をした時のような痛みはあります。痛み止めでコントロールできる程度の痛みです。

完成までの生活

術後1~2日間は、肌色のテープと肌色のアルミプレートで鼻を固定します。就寝中や生活の中で鼻先をぶつけたりしないように保護をする目的と、固定することでズレを起きなくします。人の創傷治癒期間は通常3~6ヶ月ですので、本当の完成は半年後ですが、手術から1週間~1ヶ月で大まかな完成像が分かります。

オステオポール(オステオポア) 術後の固定 イメージ
Points!
  • 体内に異物を残さず長期的な鼻先形成ができる
  • 耳介軟骨形成のように軟骨を採取する必要がないため、体への負担が減らせる
  • 傷跡が目立たない

オステオポール(オステオポア)の症例写真

  • オステオポール(オステオポア)の症例写真01 BeforeBefore
  • オステオポール(オステオポア)の症例写真01 AfterAfter

オステオポア+鼻尖縮小(クローズ法) 30代女性

鼻の穴が目立たなくなるように、鼻先を出したいとのことでした。正面からでは分かりにくいですが、鼻筋に対して鼻先のボリュームが足りないので、鼻尖縮小で土台を作ったうえでオステオポアを挿入することにしました。Afterは術後1週間目の状態です。まだ腫れや皮下出血が残りますが、鼻先が下方向に移動したことで、鼻の穴が目立ちにくくなりました。綺麗な鼻先の形になっています。これ以上、斜め下方向に延長すると、鼻筋とのつながりが不自然になります。

施術概要 ドーム状や球状のノーズチップを鼻先に挿入し、丸みのある鼻先を細く延長する施術と、鼻の形をほっそりとシャープな印象に整える施術です。
施術の副作用(リスク) 腫れ(腫脹)、皮下出血、感染、痛み、左右差、傷痕、術後しばらく違和感を感じることがあります。
施術の金額 350,000円
担当ドクター:院長 山本厚志
下記症例写真について

下記の症例写真は、メーカーから提供された資料です。
当クリニックの医師が担当した施術ではありませんので、あらかじめご了承ください。
また、この症例写真は一例であり、全ての患者様に同じような効果が現れることを保証するものではございません。
詳細につきましては、お電話か無料メール相談にてお問い合わせください。

  • オステオポール(オステオポア)の症例写真02 BeforeBefore
  • オステオポール(オステオポア)の症例写真02 AfterAfter

オステオポール(オステオポア) 30代女性

ワシ鼻で鼻先が下に向いていました。
オステオポール(オステオポア)で鼻先がほっそりしたと同時に鼻先が伸びて、すっきりした鼻筋になりました。

施術概要 ドーム状や球状のノーズチップを鼻先に挿入し、丸みのある鼻先を細く延長する施術です。
施術の副作用(リスク) 腫れ(腫脹)、皮下出血、感染、痛み、左右差、傷痕、術後しばらく違和感を感じることがあります。
施術の金額 200,000円~350,000円(鼻尖縮小(close法)を併用した場合)
  • オステオポール(オステオポア)の症例写真03 BeforeBefore
  • オステオポール(オステオポア)の症例写真03 AfterAfter

オステオポール(オステオポア) 20代女性

丸い鼻先が細く長くなりました。
ノーズチップが入っている分、鼻に高さが出ています。

施術概要 ドーム状や球状のノーズチップを鼻先に挿入し、丸みのある鼻先を細く延長する施術です。
施術の副作用(リスク) 腫れ(腫脹)、皮下出血、感染、痛み、左右差、傷痕、術後しばらく違和感を感じることがあります。
施術の金額 200,000円~350,000円(鼻尖縮小(close法)を併用した場合)

オステオポール(オステオポア)の施術概要

施術時間 約30~60分
麻酔 局所麻酔
静脈麻酔セット
傷跡 目立ちにくい
腫れ 数日~1週間
通院 経過観察のため、1週間前後に1回
お薬 痛み止め/止血剤/抗生剤
メイク 当日から可能だが、できるだけ手術部位を避けること
シャワー 当日から可能
鼻が濡れないよう注意
入浴 腫れが引くまで入浴は避けること

オステオポール(オステオポア)のよくある質問

元に戻ることはありませんか?
ヒアルロン酸注入だけのような簡単な隆鼻術ですと、注入成分が体内に吸収された後に戻ってしまう事もありますが、オステオポール(オステオポア)の場合は、ノーズチップが溶けてしまうまで2年ほどかかることと、それまでに自家組織(繊維)が出来上がるため、完全に元のように後戻りすることはありません。
ノーズチップがずれてしまう事はないですか?
術後の固定のためのプレートを外した後にチップがずれることは通常ありませんが、チップがしっかりと定着するよう、術後1週間ほどは鼻を強く押したりすることは避けてください。
鼻をかむのはどれくらいから大丈夫でしょうか?
チップのずれを防ぐのと、傷口を清潔に保つため、術後1週間程度は、強く鼻をかまない方が望ましいです。
触ると痛みがある場合などは、痛みが落ち着いてから鼻をかむことをおすすめします。それまでは綿棒などで優しく鼻のお掃除をしていただくと良いでしょう。

お電話でも予約・相談承ります
年中無休 AM10:00~PM8:00

  • 新宿院
    03-5332-7773

  • 六本木院
    03-6441-3355

新宿院

院長 山本厚志

〒160-0023
 東京都新宿区西新宿7-11-15
 サンフル西新宿2F
TEL:03-5332-7773
診療時間 AM10:00~PM8:00
JR新宿駅 西口から徒歩5分
都営大江戸線 新宿西口駅から徒歩1分
西武新宿線 西武新宿駅から徒歩3分
六本木院

 

〒106-0032
 東京都港区六本木3-7-1
 THE ROPPONGI TOKYO PLAZA 205
TEL:03-6441-3355
診療時間 AM10:00~PM8:00
都営大江戸線 六本木駅から徒歩2分
東京メトロ日比谷線 六本木駅から徒歩2分

ご閲覧履歴

最近ご覧になったページ