ケラーファンネル

けらーふぁんねる

ケラーファンネルとは、豊胸手術で使用する漏斗(ろうと)型の器具である。
豊胸バッグをケラーファンネルに入れ、狭くなっている出口から絞り出しながら胸に挿入する。

出口が狭くなっているため切開が3~4センチで済み、傷口が小さくなる。
また、豊胸バッグの挿入時に、バッグが皮膚に接触しないため、安全な挿入が可能である。
(挿入時に豊胸バッグが皮膚に接触すると、細菌が付着し被膜拘縮(ひまくこうしゅく)が起こる可能性がある)
豊胸バッグを胸の中に指で押し込むとバッグに圧力がかかり破裂するおそれがあるが、ケラーフェンネルを使用すると圧が分散され破裂する可能性が低くなる。

胸にバッグを機能的に挿入できるため、施術時間の短縮にもなる。