エラスチン

えらすちん

エラスチンとは、皮膚の真皮層に存在するたんぱく質のこと。弾性線維ともいう。
コラーゲン同士をつなげて支え、肌の伸縮性を作り出す。肌のハリや弾力を保つ役割がある。
エラスチンの含有量は、20代後半をピークに徐々に減少していき、40代を過ぎると急速に減少しはじめる。

エラスチンが減少すると、コラーゲンを支えることができなくなるため肌のバラスが崩れ、肌に弾力がなくなり、シワやたるみが出てくる。

食べ物でエラスチンを口から摂取しても、体内で別の形になり吸収されてしまうので増やすことはできない。

エラスチンの減少を抑えるためには、
・紫外線に当たらないようにする
・コラーゲンも配合されている、エラスチンのサプリメントを摂取する
などが効果的である。