イオン導入

いおんどうにゅう

イオン導入とは、肌に微弱な電流を流し、美容有効成分をお肌の奥深くに浸透させる施術のこと。
通常の肌の状態では浸透しにくい美容成分を、微弱電流を流すことで肌のバリア機能を一時的に弱め、肌の奥にまで届きやすくするための手法。

肌の表面(表皮)のうち、一番表面の角質層は酸性で、プラスイオンが多く存在している。
その下の顆粒層はアルカリ性で、マイナスイオンが多く存在している。
角質層と顆粒層は反発しあっているが、イオン導入器を当てると顆粒層が中性に傾き、反発力が弱まる。
反発力が弱まる(バリア機能が弱まる)と、通常の状態では届かない層に美容成分が入り込める。

イオン導入で効果のある成分は、粒子が細かくイオン化できるものに限られる。
ビタミンC誘導体やアミノ酸などは有効である。
逆に、粒子の大きいものや油分の強いものなど、イオン導入に向かないものもある。