こんにちは。

新宿ラクル美容外科クリニックの山本厚志です。

ここ数日で、ロンドン、宮城県、長野県からのご来院がありました。
ご遠方からのご来院、励みになります。
また、年末でもないのに、連日、朝から夜まで手術と処置が続き、
忙しく毎日を過ごすことが出来ています。
沢山のご来院、大変ありがとうございます。

 

今日は、「ジュビダーム・ビスタ・ボリフトXC(上下口唇)」の術後経過をご紹介いたします。

「ジュビダーム・ビスタ・ボリフトXC(上下口唇)」の症例ご紹介

くちびるが薄いことを気にされていました。
口唇の注入剤として、適したヒアルロン酸がいくつかありますが、
今回は、「ジュビダーム・ビスタ・ボリフトXC」で改善を図りたいと思います。

症例のご紹介【ダイジェスト版】-治療前と治療後1週間目の変化

20代女性治療前のご状態です。
新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志 「ジュビダーム・ビスタ・ボリフト(上下口唇)」治療前上口唇のボリュームが不足していることを特に気気にされていました。下口唇の形も、ある程度、整えていきたいと思います。

治療後1週間目の変化です。
新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志 「ジュビダーム・ビスタ・ボリフト(上下口唇)」治療後1週間目ジュビダーム・ビスタ・ボリフトが皮下組織と馴染んで、自然な形になって来ました。上下とも、口唇のボリュームが増し、いい形になったと思います。

施術概要(ジュビダームビスタ®ボリフト XC)

施術概要
高密度且つ柔らかく滑らかなヒアルロン酸で、肌の浅い層のシワや凹みを改善する治療です。
施術の副作用(リスク)
皮下出血、痛み、熱感、注入後のしこり、軽度の腫れ、感染、硬結、血流障害、蕁麻疹、アレルギー反応
施術の金額
1本 1cc 90,000円

 

ジュビダーム・ビスタ・ボリフトXCについて

ジュビダーム・ビスタ・ボリフトXCは、こんな方におススメです。

「ジュビダーム・ビスタ・ボリフトXC」は、こんな方におススメです。

  • ほうれい線やゴルゴ線などのシワ・たるみを改善したい
  • 目の上やこめかみの凹みをボリュームアップさせたい
  • 額に女性らしい丸みを出したい

ジュビダーム・ビスタ・ボリフトXCとは?

「ジュビダーム・ビスタ・ボリフトXC」とは、

アラガン・ジャパン社のヒアルロン酸注入剤です。
FDA(米国食品医療国)の認可はもちろん、国内唯一、厚生省の認可を得た信頼の高いヒアルロン酸です。

滑らかなテクスチャーで、皮膚の浅い部分の細かなシワや、ほうれい線、こめかみなどの凹みの改善に向いています。
また、局所麻酔液の一種であるリドカインが配合されており、注入時の痛みが軽減されます。

 

「ジュビダーム・ビスタ・ボリフトXC」について詳しくは、新宿ラクル美容外科クリニックオフィシャルサイト「ジュビダーム・ビスタ・ボリフトXC」のページをどうぞ。

 

症例のご紹介【通常版】-治療前から現在までの経過

続きまして、通常版でご紹介させていただきます。

20代女性治療前のご状態です。
新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志 「ジュビダーム・ビスタ・ボリフト(上下口唇)」治療前上口唇のボリュームが不足していることを特に気気にされていました。下口唇の形も、ある程度、整えていきたいと思います。

治療直後のご状態です。
新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志 「ジュビダーム・ビスタ・ボリフト(上下口唇)」治療直後注入直後で、ジュビダーム・ビスタ・ボリフトはまだ口唇の組織と馴染んでいませんが、ボリュームアップしたのが分かります。マジックニードルを使用して注入していきますので、内出血のリスクも低いです。

 

治療後1週間目の変化です。
新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志 「ジュビダーム・ビスタ・ボリフト(上下口唇)」治療後1週間目ジュビダーム・ビスタ・ボリフトが皮下組織と馴染んで、自然な形になって来ました。上下とも、口唇のボリュームが増し、いい形になったと思います。

 

 

お知らせ

キャンペーンのお知らせ

ただ今、11月のキャンペーンを行っております。
宜しければ、チェックしてみてください。

六本木院勤務日のお知らせ

新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志 六本木院

ちなみに、私は12月4日、11日、18日、25日六本木院勤務になります。
マシン治療やオペ、注入も、新宿院とほぼ同じ施術が可能です。
宜しければいらっしゃって下さい。

当院のホームページについて

当院のホームページでは、他の施術もたくさん紹介しています。
ご興味のある方は、宜しければ、ご覧になってみてください。

当院のホームページは、
新宿ラクル美容外科クリニックのオフィシャルサイトでご覧いただけます。

また、当院のスタッフブログもありますので、
宜しければれば「ラクル女子部のブログ」もご覧下さい。