20代女性の「切らない眼瞼下垂+目尻切開」手術後1週間目の経過をご紹介いたします。

こんばんは。

新宿ラクル美容外科クリニックの山本厚志です。

今日は六本木院勤務でした。
朝から夜まで手術が続き、大変忙しい一日を過ごすことが出来ました。
また、新潟県からのご来院がありました。
ご遠方からのご来院、大変ありがとうございました。
沢山の方々にご満足いただける治療をご提供できるように、
新治療もどんどん取り入れていきたいと思います。

本日は、「切らない眼瞼下垂+目尻切開」の術後経過をご紹介いたします。

症例は、20代女性です。目頭切開か目尻切開で、目を大きく見せたいとのことでした。
目頭の距離は近い気がするとのことでしたので、目尻切開と切らない眼瞼下垂で目が大きく見えるようにすることになりました。

まずは、ダイジェスト版でご紹介いたします。
20代女性手術前のご状態です。
新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志 切らない眼瞼下垂 目尻切開 手術前眼瞼下垂傾向のお目元です。目頭間の距離は34㎜で、涙丘も見えており、蒙古ひだの立ち上がりは緩やかです。瞼裂幅(目頭から目尻までの距離)を広げるのに、目尻切開を行うことになりました。

手術後1週間目のご状態です。
抜糸直後です。1週間、目尻に糸が付いていたので、眼球結膜(白目)の外側が少し赤いですが、赤みはすぐに引いてきます。腫れが引き、目が開きやすくなりました。

 

 

 

斜めからの変化も、ご紹介します。
手術前のご状態です。
新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志 切らない眼瞼下垂 目尻切開 手術前眼瞼挙筋が弱く、目の開きが悪いご状態です。

手術後1週間目のご状態です。
切らない眼瞼下垂+目尻切開で、開瞼(まぶたの開き)が劇的に改善しました。黒目の見える範囲が広がったことで、お目元のご印象が変わりました。

 

 

 

反対側の変化も、ご紹介します。
手術前のご状態です。
新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志 切らない眼瞼下垂 目尻切開 手術前瞼裂幅(目頭から目尻までの距離)が短いと、目の開きが悪いことがあります。

手術後1週間目のご状態です。
眼球結膜(白目)に充血が起きていますが、開瞼(まぶたの開き)が改善して、重瞼線(二重のライン)がハッキリして来ました。

 

 

 

過去の記事はこちら(下眼瞼下制術)

 

 

 

「切らない眼瞼下垂」とは、
上まぶたの裏側に糸をかけることにより、皮膚の切開を行わずに、まぶたを開きやすくする施術です。新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志 「切らない眼瞼下垂」 切開を行わないので、ダウンタイムが短く、術後にまぶたを開けにくいということも少ないです。まぶたの裏側からアプローチしますので、まぶた表面に傷跡も残りません。

当院で行っている術式を用いると、結膜側を切開する経結膜アプローチの眼瞼下垂手術を行う必要はありません。

もちろん、「切らない眼瞼下垂」の手術が、全ての眼瞼下垂傾向の方にご適応があると言う訳ではありません。
上まぶたのたるみが強い症例、上まつ毛の根元に皮膚が被さる症例では、上まぶたの皮膚切開を伴う「挙筋腱膜前転法」による眼瞼下垂手術が必要と考えます。

黒目を大きくみせたい方、眠そうな目をパッチリみせたい方、目つきが悪いと言われる方などにオススメの施術です。

また、眼瞼下垂の方で、一重まぶたから二重まぶたになりたくない方や、切開法での手術をご希望されない方、出来る限りダウタイムが少ない手術方法を希望されている方には最適な治療法と言えます。

まぶたの開きが良くなるということは、当然、二重の重瞼幅も狭くなりますので、二重の幅を変えずに瞼の開きを良くされたい場合は、埋没法二重術などの手術で二重の幅を広げることが必要になります。

当院では、ただ今、「切らない眼瞼下垂」のモニター様を募集しております。
「切らない眼瞼下垂」
部分モニター様価格 183,250円(税抜)
ご希望のある方は、お問い合わせくださいませ。

「切らない眼瞼下垂」について詳しくは、新宿ラクル美容外科クリニックオフィシャルサイト「切らない眼瞼下垂」のページをどうぞ。

 

 

「目尻切開法」とは、
目尻を外側に向かって切開し、皮膚と結膜を縫合し白目の部分を広げることでパッチリとした大きな目元を作り出す施術です。目尻切開と目頭切開を併用する事で、より効果がでます。
目を大きくしたい方、切れ長の目にしたい方、つり目を和らげ優しい目元にしたい方にオススメの施術です。
目尻切開は変化がないとか戻るとか言っている人がいるみたいですが、私に手術を伝授して下さった師匠によると、それは手術の方法が悪いだけで、内部の靭帯の処理を行っていないからだということでした。
現に、当院の手術症例でも良い変化の方が多いですし、元に戻ることもありません。また、術後に水かきみたいに目尻側に襞(ひだ)が出来たこともありません。
術後に、目が開きやすくなる方が多いので、目が小さくて悩まれている方には、お勧めの手術の一つです。
新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志 目尻切開また、この目尻切開の手術で目尻の外側の靭帯の緊張が緩む事により、目尻が下がる為、さらに下眼瞼下制術(グラマラスライン手術)と併用すると、優しい印象の目元になります。

当院では、ただ今、「目尻切開法」のモニター様を募集しております。
「目尻切開法」
部分モニター様価格 160,000円(税抜)
ご希望のある方は、お問い合わせくださいませ。

「目尻切開」について詳しくは、新宿ラクル美容外科クリニックオフィシャルサイト「目尻切開」のページをどうぞ。

 

続きまして、通常版でご紹介いたします。
20代女性手術前のご状態です。
新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志 切らない眼瞼下垂 目尻切開 手術前眼瞼下垂傾向のお目元です。目頭間の距離は34㎜で、涙丘も見えており、蒙古ひだの立ち上がりは緩やかです。瞼裂幅(目頭から目尻までの距離)を広げるのに、目尻切開を行うことになりました。

手術直後の変化です。
新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志 切らない眼瞼下垂 目尻切開 手術直後手術直後で目尻には糸がついています。目の開きが改善して、重瞼線がハッキリして来ました。もちろん、目の横幅も広がっています。

手術後1週間目のご状態です。
抜糸直後です。1週間、目尻に糸が付いていたので、眼球結膜(白目)の外側が少し赤いですが、赤みはすぐに引いてきます。腫れが引き、目が開きやすくなりました。

 

斜めからの変化も、ご紹介します。
手術前のご状態です。
新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志 切らない眼瞼下垂 目尻切開 手術前眼瞼挙筋が弱く、目の開きが悪いご状態です。

手術直後の変化です。
新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志 切らない眼瞼下垂 目尻切開 手術直後目尻切開の糸はご覧の通り、あまり目立ちません。切らない眼瞼下垂により、見えている黒目の範囲が広がりました。

手術後1週間目のご状態です。
切らない眼瞼下垂+目尻切開で、開瞼(まぶたの開き)が劇的に改善しました。黒目の見える範囲が広がったことで、お目元のご印象が変わりました。

 

反対側の変化も、ご紹介します。
手術前のご状態です。
新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志 切らない眼瞼下垂 目尻切開 手術前瞼裂幅(目頭から目尻までの距離)が短いと、目の開きが悪いことがあります。

手術直後の変化です。
新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志 切らない眼瞼下垂 目尻切開 手術直後目尻に糸が付いていると、開瞼(まぶたの開き)が妨げられますが、切らない眼瞼下垂により目の開きが良くなっています。

手術後1週間目のご状態です。
眼球結膜(白目)に充血が起きていますが、開瞼(まぶたの開き)が改善して、重瞼線(二重のライン)がハッキリして来ました。

 

 

ただ今、2月のキャンペーンを行っております。
新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志宜しければ、チェックしてみてください。新宿ラクル美容外科クリニック 山本厚志 六本木院ちなみに、私は2月13日、20日、27日、3月6日、13日、20日、27日六本木院勤務になります。
マシン治療やオペ、注入も、新宿院とほぼ同じ施術が可能です。
宜しければいらっしゃって下さい。

当院のホームページでは、他の施術もたくさん紹介しています。
ご興味のある方は、宜しければ、ご覧になってみてください。

当院のホームページは、
新宿ラクル美容外科クリニックのオフィシャルサイトでご覧いただけます。

また、当院のスタッフブログもありますので、
宜しければれば「ラクル女子部のブログ」もご覧下さい。